アクセスカウンタ

<<  2011年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


無料で集客するには?

2011/04/22 16:50
有料でPPC広告やメルマガ広告を出さなくても、
無料でできる集客方法もあります。

無料レポートスタンド、ブログ、SEOなど
いろいろな無料の集客方法があります。


今日は、それら無料の集客方法の中から、
アーティクルという集客方法をご紹介します。


簡単に言うと、売りたい商品に関連する
アーティクル(記事)を書いて、

そのアーティクル(記事)の中に、
サイトURLと自分の署名を入れるだけです。


アーサー(著者)は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例えば、ダイエットの商品を販売しているのなら・・・


【1.ダイエットに関する役立つ記事を書く】

メルマガの記事を“再利用”すると簡単です。


【2.記事の中にリソース(署名欄)を入れる】

例えば、こんな風に書きます。


★☆★☆★☆ あなたのサイト名 ☆★☆★☆★

〜あなたのサイトのキャッチコピー〜
あなたのサイト名はこちら → あなたのサイトURL

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


パブリッシャー(利用者)は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

“コピーして貼り付けるだけ” で、
メルマガ・ブログの記事に使うことができます。


書くネタがなくて困っている
メルマガ・ブログ運営者がどれだけいるか・・・

想像してみてください。

きっと、多くの人がアーティクルを使うでしょう。


○○○さんのリソース(署名欄)入りの記事が、
いろいろなブログやメルマガで掲載されれば・・・


●“広告費0円” で、商品を“宣伝”できる

アーティクルにサイトのURLを書いておけば、
アーティクルが紹介されるたびに宣伝になります。


●“最高の見込み客” を集客できる

アーティクルを読んでからサイトを訪問するので、
商品を購入する確率の高い“最高の見込み客”です。


●“SEO対策” に抜群の効果あり

アーティクルがサイトやブログで掲載されるたびに、
“一方向の被リンク” が自動で手に入ります。


●“ブランド” が得られる

たくさんのアーティクルを投稿すれば、
その分野の第一人者という印象を与えられます。


ご登録からご利用まで、完全に無料です。

■アーティクルinfomakeのご登録(完全無料)
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A24m1/


○○○さんはお忙しいと思いますので、
分かりやすい解説ページをご用意しました。

■アーティクルの詳しいメリット&ビデオ・図解説明
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A24m2/

アーティクルは、インターネットビジネス最先端の
英語圏では当たり前のシステムですが、

日本ではまだ、あまりなじみないシステムですので
“無料E-BOOK”も作りました。


■アーティクルマーケティング入門
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A24m3/(右クリック → 対象をファイルに保存)

■アーティクルを最大限に活用するには?
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A24m4/(右クリック → 対象をファイルに保存)


全てのサービスを無料でご利用いただけます。

ぜひ、アーティクルinfomakeをご活用いただき、
売上をアップさせてください!


■アーティクルinfomakeのご登録(完全無料)
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A24m5/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


電子メールに関する法律の改正

2011/04/22 16:46
2008年12月1日に、電子メールに関する法律が
改正されて厳しくなりました。


メールの件名に「※未承諾広告」と入れても、
同意を得ていないリストにメールを送ると違法です。

罰金の金額も、100万円以下から3000万円以下に
大幅に引き上げられました。


詳しくは検索エンジンから「電子メール 法律 改正」
などで検索して調べてみてください。


ランディングページで無料商品を提供するなどして、
名前とメールアドレスを入力してもらい、
メールを受け取ることに同意してもらいましょう。


横着して、リストを買うのは論外です。

ちゃんとリストを集めて、ちゃんと商売する。
それって当たり前の話ですよね?

何もそんなに難しく考えたり、
怖がったりしなくても大丈夫ですよ。


インターネットビジネスは立派なビジネスです。
うさんくさい金儲けの手段ではありません。

これを機に、インターネットビジネスの業界が
より健全になることを願っています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライト商品をどう売るか?

2011/04/22 16:46
リセールライト商品があれば、
自分で商品を作らずに販売をスタートできます。

しかし、作る過程は省略できましたが、
実際にどのように売っていけば良いのでしょうか?


まず1番良いのは、メーリングリストの人に売る
という方法です。


メーリングリストが無いのであれば作りましょう。

メーリングリストを作る方法はいくつかありますが、
無料の商品を提供するのが最も効果的です。


無料レポートを作り、手当たり次第(10ヶ所以上)
無料レポートスタンドに登録していきましょう。

お金をかけない場合は、この方法が最も効果的です。



お金をかけられる場合は、PPC広告で宣伝しましょう。

(PPC広告=PayPerClick広告=クリック課金型広告)


PPC広告は、成約率や登録率をテストできるので、
リストを作る以上の効果もあります。

リセールライト商品を売るのにも利用できます。

PPC広告には、アドワーズやオーバーチュアなど、
何種類かあります。


また、大きなメーリングリストを持っている人と
ジョイントベンチャーするのも良いでしょう。


ジョイントベンチャーする時のコツは、
相手のメリットをしっかり伝えることです。

自分のメリットを伝えるのではなく、
ひたすら相手のメリットを伝えましょう。


そして他にも、関連するメールマガジンに
広告を掲載する方法もあります。

検索エンジンから「有料 一括 広告」などで
検索して探してみてください。


メルマガ広告のコツは、

・興味をひくメールの「件名」をつける。

・広告からの成約率や登録率を「テスト」して、
効果が出ているものに「増資」する。

という2点です。



メルマガ広告に限らず、
どんな広告でもテストする必要があります。

なぜなら、効果が分からないと改善できないし、
成約率を上げることもできないからです。


もしクリック測定などができない場合は、
掲載の日にちをずらすなど考えてみましょう。


もっと具体的に稼ぐノウハウを知りたい方は、
こちらをご購入ください。

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A22m1/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライト商品を探すコツ

2011/04/17 20:34
リセールライト商品はたくさんありますから、
どれが値段相応なのかを見極めるのは大変です。

しかし、探す方法と探す場所さえ分かっていれば、
何も悩むことはありません。


まずは、リセールライトでない商品を探しましょう。


そして、その作者に直接コンタクトをとって、
その商品の独占的なリセールライトをもらいます。

効果的に商品を売り出す方法を知っていれば、
これは最も利益が望める方法です。


拒否されたり、返信がない場合もあるでしょうが、
良い返事がくれば大きなチャンスです!


交渉が上手くいったら、商品を販売する前に
条件を書いてもらい、サインをもらいましょう。

後々のトラブルを避けるためには大切なことです。



リセールライト商品を見つけるもう1つの方法は、
優良な会員制クラブに参加することです。


リセールライト商品を売るためだけでなく、
会員制クラブの運営者が独自に商品を作っていたり、

メンバー限定のリセールライト商品を紹介している
会員制クラブに参加しましょう。


メンバー限定の商品と、一般発売用の商品両方を
オファーしている会員制クラブもあります。


実は、これが理想的な会員制クラブです。

なぜなら、市場に氾濫していない商品や
その関連商品を見つけることができるからです。


インフォメイクのリセラーパーフェクトクラブは、
これら全ての条件を満たしています。

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A21m1/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


売れるリセールライト商品を見極めるには?

2011/04/17 20:32
リセールライト商品を購入する前に、
その商品が売れるのかを見極めることが大切です。


全てのリセールライト商品が、
あなたに適しているとは限りません。

まずは、商品そのものを吟味しましょう。


あなたが販売するわけですから、
いいかげんな商品を売る訳にはいきません。

ですから、商品が本当に価値があるのか
よく調べましょう。



次に、マーケットを調査しましょう。


その商品を売り出すための市場があるか?

ターゲットにする人々が使いそうなキーワードを
YahooやGoogleで検索してみましょう。

たとえば、「ダイエット」「禁煙」などのように。


そして、同様の商品を売っている販売サイトを
見てみましょう。


アドワーズなどのスポンサー広告は要注目です。

企業は売れない商品には、お金を費やしません。

スポンサー広告がたくさん出ているということは、
それだけ儲かる市場だということです。


同じように、市場に関連した雑誌で、
広告をリサーチしてみるのも良いでしょう。



購入する前には、条件をよく読みましょう。

もし、購入する前に条件が確認できない場合は、
その商品の購入はやめるべきです。


パッケージ化できるか、ボーナスにできるかは、
必ず確認しておきましょう。

そしてさらに、セールスレターを利用できるか、
セールスレターを編集できるかも確認しましょう。


また、同じ商品を売っている人がどれだけいるかも
確認できると良いでしょう。

市場に氾濫していないでしょうか?

そのライバルと差別化できるでしょうか?



しかし、あまり難しく考えることはありません。

9割の人は、再販売する意思がなく、
リセールライト商品の効果的な売り方も知りません。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトの利益を増やすには?

2011/04/17 20:30
1つずつリセールライト商品を販売する。
パッケージ化してセット販売する。

それ以外にも、売上を増やす方法はあります。



1.関連した商品を売る


たとえば、ある商品を3,000円で販売します。

そして、関連した商品を用意しておき、
注文完了ページで1,000円や2,000円で販売します。


ある商品を買うことで購入権が与えられる
という類いのものでも良いでしょう。

(例:通常版の購入者にリセールライト版を売る)


無理に商品の販売価格を上げなくても、
最初の商品の価格と同じくらいでも問題ありません。



2.顧客リストを充実させる


ランディングページやスクイーズページと言われる
リスト収集ページを作りましょう。


ランディングページでは商品を売るのではなく、
何か無料のプレゼントをあげましょう。

無料で集めて、好きになってもらってから売るのが
商売の基本です。


お客様リスト、見込み客リストの大きさは、
様々なビジネスのチャンスにもつながります。


例えば、あなたのリストを使用して、
ジョイントベンチャーを提案することもできます。

リストに有料で広告を出すこともできます。



しかし、目的がリストを集めることだけに
なってしまってはいけません。

ここは要注意です!!


最終目標は、お金を稼ぐことですよね?


まず、これらの方法を試すよりも先に

「それが売れる商品なのか?」

をしっかりと見極めておく必要があります。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


他のリセラーに勝つ販売の秘訣3

2011/04/17 20:29
リセールライト商品は編集できないから
何もできないのか?

いいえ。そんな事はありません!


リセールライト商品を最大限に活用する秘訣を
もう1つお教えします。



3.パッケージ化する、ボーナスを付ける


リセールライト商品を編集することはできませんが、
ほとんどの場合はパッケージ化できます。

つまり、リセールライト商品を組み合わせて、
セット販売できるということです。


たとえば画像関連のリセールライト商品を集めて、
セットにして販売する。

私が試しに作ってみたのは、こんな感じです。

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A18m1/

そして、ホームページテンプレート関連の
リセールライト商品を集めるとこんな感じです。

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A18m2/

このようにしてセットで販売すれば、
他のリセラーと差別化することができます。



またこの他にも、リセールライト商品自体に
ボーナスを付ける方法もあります。


例えば、ダイエットのE-BOOKに・・・

・自分のダイエット体験談、PDFや音声

・ホームページや書籍から学んだ知識を
ミニレポートにする

・おすすめホームページのリンク集

・おすすめダイエット関連書籍集

などを付けて、差別化することができます。



他のリセラーが面倒くさがってやらないことをやる。

そうすれば、競争から抜け出せます。
少し価格が高くても、あなたから買ってくれます。


他人と同じことをしていて稼げないのは当たり前。
どんなビジネスでも同じことです。


大変だと思うかもしれませんが、
必ず手間をかけただけの見返りはありますよ!

ぜひ、他のリセラーと差別化してくださいね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


他のリセラーに勝つ秘訣2

2011/04/15 16:20
2.販売用ページの文章を変える


販売用ページの文章(セールスコピー)を変えると、
元の商品とは全く別のものに見えます。


最近はビデオや音声などもありますが、
基本的にはお客様は文章を読んで買いますよね?

なので、文章はとっても大切です。


文章を書くために必要なのは、よく言われる
コピーライティングというものです。

コピーライティングと聞くと難しそうですが、
難しく考える必要はありませんよ。


「あなたの言葉で、その商品を説明する」

まずは、これだけで十分です。


書いて、直してと繰り返しているうちに、
もっと上手くなりたいと思うようになります。

上手くなりたいと思ったら本を買いましょう!

情報商材を買ってはダメですよ(笑)


日本人からコピーライティングを学ぶより、
世界のトップから学びましょう!

本なら、情報商材の10分の1の価格で、
世界レベルのノウハウを学ぶことができますよ!


私のおすすめの本を紹介しておきますね。

出版:PHP研究所
著者:ジョセフ・シュガーマン
タイトル:10倍売る人の文章術
価格:1,400円(税別)
ISBNコード:ISBN4-569-64937-8


アマゾンなどで探してみてください。
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A17m1/


無理に構えることはありませんよ。

まず書いてみる、それだけで良いのです。


今すぐ、リセールライト商品のセールスレターを
書き直してみましょう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


他のリセラーに勝つ秘訣1

2011/04/15 16:18
他のリセラーに勝つには、一言で言えば
他のリセラーと「差をつければ良い」のです。

では、どうやって差をつければ良いのかを
お話していきますね。



1.販売用ページの画像を変える(一番効果的)


ほとんどのリセラーは、
最初にもらった画像をそのまま使います。

変えている人を探すのが難しいくらいです。


当然、もらったままの画像のホームページが
たくさん出回ります。


すると・・・

「またこれか、この商品知ってる。」

「全く読まずに、ページを閉じる。」


でも、もし画像が違えば・・・

初めて見るホームページなので、
とりあえず少しは見ようと思ってもらえる。


まず、見てみようと思ってもらえなくては、
何も始まりません。


自分で画像を作ってみるのも良い勉強です。


でももし、自分で作る時間がもったいない。
きれいな画像を作ってたくさん売りたい。

と思うのであれば、
デザイナーさんに外注するべきでしょう。


@SOHOなどのサイトで探せば、
デザイナーさんがたくさん見つかります。

@SOHO
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A16m1/

外注さんを探すコツは、以下の3つです。


・謙虚に、お願いする気持ちで接する
(金払ってんだからやれよ!的な態度は絶対ダメ)

・いくらで何をお願いしたいのか伝える
(誰が読んでも分かるように伝える)

・過去の作品などを見せくれるようにお願いする
(過去の作品とメールの印象でお願いする人を決める)



確かに、もらったままの画像を使う方が楽です。

でも、他のリセラーが面倒くさがることをすれば、
それで他のリセラーと差がつくのです!


差をつけられれば、売上も上がっていきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


他のリセラーに勝つマーケティング

2011/04/10 14:11
「自分と同じリセールライト商品を持っている
他のリセラーと競争していく自信がない。」

という理由で、
リセールライトをやらない人が多いのも事実です。


同じリセールライト商品を持つリセラーで、
市場があふれかえっているのではないか?

不安だという方が、たくさんいます。



でも、よく考えてみてください。


多くのリセールライト商品購入者は、
単純にその商品が欲しくて購入します。

再販売しようと思っていない場合もあります。


また、思っている以上に市場は大きいものです。


情報ビジネスはもう終わると言われていますが、
そんなことはありません。

詐欺的な情報がなくなっていき、良い情報が残る。
それだけの話です。


○○○さんの職場の仲間は、

情報ビジネスという言葉を知っていますか?

アフィリエイトという言葉を知っていますか?

リセールライトという言葉を知っていますか?


きっと、○○さんの周りの10人のうち、
2〜3人も知らないのではないでしょうか。


その現実に気が付いたら・・・

市場がまだまだ大きくなると思いませんか?



また、再販売するために購入しても、
売り方を知らずに稼げないリセラーも多いです。


商売の基本は「欲しい人に欲しい物を売る」
たったこれだけです。

欲しい人を探せば良いのです。


インターネットで集客する方法は、
有料から無料の方法までたくさんあります。


有料のものでは・・・

・PPC広告(アドワーズ、オーバーチュア)
・メルマガ広告
・バナー広告
・情報商材ASPなどのメール広告
・情報商材ASPのピックアップ広告

などなど


無料のものでは・・・

・無料レポート
・アフィリエイター
・アーティクル
・Q&Aサイト
・SNS
・ブログ

などなど


「あなたの商品を欲しい人はどこにいるか?」

を考えていけば、答えは見つかるはずです。



他には、たくさんの顧客リストを持っている方と
ジョイントベンチャーするのも良いでしょう。


ジョイントベンチャーをお願いする時のコツは、
相手のメリットをしっかり伝えることです。

これは、ジョイントベンチャーに限らず、
交渉術の基本でもあります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


具体的なライセンスの違い

2011/04/10 14:09
リセールライトとプライベートラベルライトを
混同している方は多いです。

同じだと思っている人も多いようですが、
全く違うライセンスです。


まず、リセールライト商品は、
決められた条件の範囲で再販売できます。

つまり、商品内容を書き換えたり、
著者としてあなたの名前を入れられません。


一方、プライベートラベルライト商品は、
商品内容を書き換えることができます。

著者としてあなたの名前を掲載したり、
あなたの会社の名前を入れることが可能です。


使われている言葉、文章、画像を変更したり、
書き加えたりすることができます。

商品をいくつかに分けて、メルマガにしたり、
アーティクルにしたりすることもできます。


このように、自由にできることが多いので、
プライベートラベルライト商品は高額になります。

プライベートラベルライトかリセールライトかを
選んで購入できる場合もあります。


プライベートラベルライト商品を購入して、
あなたの自由に変更して、あなたの名前を入れる。

それをリセールライト商品として販売することを
認めている場合もあります。



リセールライトとマスターリセールライトにも
違いがあります。


リセールライトは、
制作者から購入者した人だけ再販売できます。

それに対して、マスターリセールライトは、
再販権を付けて再販売できます。


再販権を付けて再販売できるとは、つまり・・・

そのリセールライト商品を持っている人は、
誰でも再販売できるということです。

(譲渡禁止マスターリセールライトは例外)


それぞれに違いがありますが、選べる場合は
プライベートラベルライトを購入しましょう。

そうすれば、自分で商品を作らなくても
自分の商品として売ることができますからね。


そのプライベートラベルライトのE-BOOKは、
ここで手に入れることが出来ます!

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A14m1/


プライベートラベルライト商品は、
非常に自由度が高い、最高級のライセンスです。

もっと詳しく知りたい方は、
以下の無料メール講座を受講してください。


■プライベートライト無料メール講座
http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A14m2/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトの条件は全て同じなの?

2011/04/10 14:07

全てが同じ条件とは限りませんので、
一般的に多いライセンスをご紹介します。


「あなた=制作者から買った人」

に置き換えて考えてくださいね。


よくあるライセンスは・・・

「あなただけ」が再販売できる=「リセールライト」

「誰でも」再販売できる=「マスターリセールライト」

「誰でも」無料配布・再販売できる=「フルマスターリセールライト」

「誰でも」無料配布できる=「フリーギブアウェイライト」

「編集して」自分の商品にできる=「プライベートラベルライト」


この価格以上で販売しなければならない(最低販売価格)

無料配布していいのか?ダメなのか?

有料販売していいのか?ダメなのか?


という点に、特に注意しましょう。


CDやDVDなど、物になっている商品の場合は、
複製がOKな場合とNGな場合があります。

再販売するごとに直接商品を購入するように
定めているものもあります。


ライセンス証がある場合はそれに従い、
分からない場合は制作者に直接聞きましょう。


購入の際に取得したライセンス証は、
大切に保管しなくてはなりません。

必ずディスクなどに保存しておきましょう。


制作者とやりとりしたメールなども
大切に保管しておきましょう。


ライセンス証に限らす、全てのデータを
2枚ずつバックアップを取ると良いですよ。

いつどこで消えてしまうか分かりませんから、
念には念を入れて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトを難しく感じる理由2

2011/04/10 14:06
「何だ、この洗剤の箱みたいな商品は!」


リセールライトを難しく感じてします理由の
2つめがこれです。



2.いかにもアメリカンな画像


なぜか洗剤の箱のような商品画像がばかり。
商品に書いてある文字も英語だけ。

こんな商品が、日本人に売れると思いますか?


もし、ツール系のリセールライト商品だったら、
余計に難しく見えてしまいます。


商品の中身も英語だと思う人がほとんどでしょう。

商品画像を見て、すぐにページを閉じてしまうのも
簡単に想像がつきますよね。


そして、もしE-BOOKのリセールライト商品だったら、
中身が英語だと勘違いする人が多いでしょう。


セールスレターを隅から隅まで読んでくれるはず、
などという考えは捨てましょう。

翻訳済みだとセールスレターに書いてあっても、
9割のお客さんは、読まずにページを閉じます。


日本人のお客様に商品を販売したいのであれば、
商品画像も日本語であるべきです。

いかにもアメリカンな原色の画像より、
日本人に受けるデザインにするべきです。


お客さんが「読む、読まない」を決めるのは、
最初の3秒だと言われています。

パッと見てページを閉じてしまうお客さんを
引き戻して、売上をアップさせましょう!


インフォメイクは、日本人向けの画像に変更した
リセールライトE-BOOKをご用意しています。

どんどん再販売してくださいね!

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A12m1/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトを難しく感じる理由1

2011/04/10 14:05
リセールライトをやってみようかな・・・
でも、何となく難しそう・・・

と思っているでしょうか?


でも、心配されなくても大丈夫です。

不安に思っていらっしゃるのは、
○○さんだけではありません。


私は、今までたくさんの方と接してきました。

私が元初心者ということもあり、初心者のお客様に
たくさんのご支持をいただいております。


自分が初心者だったからこそ、
たくさんの初心者の方と接してきたからこそ、

初めての方がリセールライトを難しく感じる理由が
よく分かります。


なので、これから順番に難しく感じてしまう所と
解決策をお伝えしていこうと思います。



1.ツール系のリセールライト商品が多い


リセールライト商品にはツール系の商品が多く、
初心者には始めずらい印象を与えます。

多くの方が、ツールは難しそうとおっしゃいます。


これが、リセールライトがいまいち
日本でブレイクしない大きな理由でしょう。


販売する=サポートが必要になりますから、
自分で使えないものを販売するのは心配ですよね。

プログラマーや専門知識がある方でなければ、
自信を持って販売できる方は少ないと思います。


多田弘光さんが不安に感じるのは当然ですし、
私も初めは不安でいっぱいでした。


ビデオマニュアルが付いているツールもありますが、
最初からツールを販売するのはおすすめしません。

なぜなら、

「あなたが難しいと感じる=
あなたのお客さんも難しいと感じる」

ということだからです。


E-BOOKの再販売であれば技術サポートがないので、
プログラミングなどの専門知識は必要ありません。

内容を読んで、理解しておくくらいで十分です。


つまりE-BOOK商品であれば、それだけ多くの方が、
リセールライトを始められるということです。


たくさんの方、特にアフィリエイターの方などに
簡単にできそうだと感じてもらう。

商品も欲しいし、自分で売ってみようかな。

そのように思ってもらえれば、
リセールライトは日本で一気にブレイクします!


たくさんの方が欲しい商品というのは、
ツールではなく、悩みを解決するE-BOOKです。

ストレス、ダイエット、禁煙などの
日常的な悩みを解決するE-BOOKがベストでしょう。


ちょっと考えてみてください。


インターネットビジネスに興味がある人。
ストレス、ダイエット、禁煙などに興味がある人。

どちらが多いでしょうか?

欲しい人が多い商品を売った方が、
簡単に儲かるのはお分かりですよね?


インフォメイクは、多くのお客様が欲しいと思う
リセールライトE-BOOKをご用意しています。

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A11m1/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトの利益シミュレーション

2011/04/05 23:44
リセールライトは、
商品を1度購入するだけで再販権をもらえるので、
1度の出費ですみます。

PDFやツールなどの情報商品なので、
好きな数だけコピーして再販売できます。


オークションのように、毎回、毎回、
仕入れに苦しむ必要もありません。


アフィリエイトのように、
販売者に手数料などを払う必要もありません。

売上は、100%あなたのものです!


情報起業のように「商品」や「販売用ページ」を
作る必要もありません。

リセールライト商品を購入すると同時に、
「商品」と「販売用ページ」をもらえます。


商品が作れないから・・・

セールスレターを書けないから・・・

ホームページを作れないから・・・


リセールライトで、これらの悩みを全て解決できます!

リセールライトの「商品」と「販売用ページ」を利用すれば、
自分では作れない、クオリティの高い商品を販売できます。


あなたの目的は、商品を作ることですか?

お金を稼ぐことではないのですか?


それでもあなたは、わざわざ苦労して、
売れる保証のない商品を作ろうと思いますか?


まず、リセールライト商品を売ってみて、
インターネットビジネスの流れをつかんでみる。

リセールライト商品である程度稼いでから、
自分の商品を作る方が成功できると思いませんか?



3,000円の商品が5本売れたら・・・15,000円

リセールライト商品の仕入れが3,000円として、
15,000円−3,000円=12,000円の利益


これが、5商品になると・・・

12,000円×5商品=60,000円の利益


10商品になると・・・

12,000円×10商品=120,000円の利益



もし、1つの商品が10本ずつ売れたら・・・

リセールライト商品の仕入れは1回だけなので、
利益は単純に2倍ではありません。


3,000円の商品が10本売れたら・・・30,000円

リセールライト商品の仕入れが3,000円として、
30,000円−3,000円=27,000円の利益


これが、5商品になると・・・

27,000円×5商品=135,000円の利益


10商品になると・・・

27,000円×10商品=270,000円の利益


ここでたくさんのリセールライト商品が
リーズナブルに手に入ります!

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A10m1/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動返信メールとステップメール

2011/04/05 23:42
さて、リセールライト商品を販売する時に、
どのように自動化できるのかをお話していきます。


INFOCARTなどの情報商材ASPに商品を出品すれば、
入金確認や納品を代りにやってくれます。

この情報商材ASPというのは、
情報商品の本屋さんみたいなものです。


情報商材ASPに登録して、商品を出品するだけで、
クレジットカード決済や振込決済が使えます。

10%弱の決済手数料はかかりますが、
経理の人を雇うより、どれだけ安く済むことか。


それに、個人で独自にクレジットカード決済を
導入するのはかなり困難です。

クレジットカード決済代行会社は、
会社として信用がなければ取引してくれません。



情報商材ASPの便利な機能に、
自動返信メールとステップメールがあります。

※ステップメール機能は付いていない所が多いですが
INFOCARTなら付いています。

http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A9m1/

まず、自動返信メールとは、商品が売れた時に
自動的に送られるメールの事です。

自動返信メールを設定しておけば、
売れるたびにメールを送る必要がありません。


商品の受け渡しは、登録した商品ファイルを
情報商材ASPが納品してくれます。


自動返信メール機能を使えば・・・

売れるたびにありがとうメールを送ったり、
売れるたびに他の商品を宣伝したり、

しなくて済むのです。



次に、ステップメールとは、■日後にはこのメール、
▲日後にはこのメール、というように

○日後に送りたいメールを事前に設定しておける
とっても便利なシステムです。


ステップメール機能を使えば・・・

お客さんのフォローを自動化できます。


自動返信メールもステップメールも、一度設定すれば、
あとはパソコンが勝手にやってくれます。

人件費はゼロです。


人を雇って、この作業をやってもらうなんて・・・
考えるだけで恐ろしいです。


ご購入ありがとうございました。

商品の具合はいかがですか?

何かお困りの点はございませんか?

こんな商品もいかがですか?

・・・・・


土日祝日、夜中でもシステムが自動でやってくれるので、
フォローが遅れることもありません。

早いフォーローで、お客様の満足度も上がり、
リピートして買ってくれる可能性も増えますね!



人を雇わずに、少ないリスクで稼いでいくには、
インターネットビジネスがベストです。

なぜなら、このようなシステムを使えば、
1人でもほとんどの作業を自動化できるからです。


自動返信メールとステップメールに限らず、
どんどんビジネスを自動化していきましょう。

システムを使うのに費用がかかるとしても、
人件費に比べたら安いものですよ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトのリスクが少ない理由

2011/04/05 23:40
リセールライトのリスクが少ない理由の1つは、
人件費をかけなくてすむことです。

インターネットビジネス全般に当てはまりますが、
大切な考え方ですので、お話しておきます。


一般のビジネスで最もコストがかかるのは人件費。
次に家賃などの固定費です。

なので、人を使う代わりにシステムを使って、
人件費をかけないように考えていきます。


例えば、何かを便利にするシステムを使うのに
月に1万円かかるとして・・・

もし、それを人にやってもらうとすると、
月に20万円くらい給料を払わないといけません。


人を雇う代わりに、月に1万円を支払って、
システムを使って代用する。

この発想はビジネスをする上で非常に重要なので、
必ず覚えておいてくださいね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトとオークション

2011/04/05 23:38
オークションで稼ぐには、安く仕入れて高く売る。
基本はたったこれだけです。


私は、リセールライトビジネスをはじめる前に、
半年くらいオークションをやっていました。

手元にあったブランド子供服などを
2回に分けて、100点くらい出品しました。


全部売れて、多いものは入札が数百件入り、
かなり稼げましたが・・・

メチャメチャ大変でした。


落札者とのメールのやりとり、入金確認、
商品の梱包、発送、落札者の管理・・・

特に梱包と落札者の管理が大変で、
まさに、寝る間も惜しんでやりました。


かなり上手くいったので、オークションで
稼いでいこうかと思いましたが・・・

よく考えてみました。


オークションで継続的に稼いでいくのなら、
商品を仕入れていかないといけません。

でも、自分には仕入れルートもないし、
探して大量に仕入れるのも難しそうでした。


単価を上げる?

ブランド品なら少量でも稼げるかと思いましたが、
古物商の資格もいるし、リスクが大きいです。


結局、良い解決方法は見つからず、
これっきりの稼ぎで終わってしまいました。


オークションの出品代行なども考えましたが・・・

1つ出品を代行しても、たいした儲けになりません。

なので、たくさん人を雇って数をこなしていかないと
全く商売になりません。


しかし、リセールライトビジネスは、
商品を1度購入するだけで再販権をもらえるので、
1度の出費ですみました。

PDFやツールなどの情報商品なので、
好きな数だけコピーして再販売できました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リセールライトと情報起業

2011/04/05 23:33
まず、リセールライトと情報起業の
一番の大きな違いは・・・

・情報起業は「商品」と「販売用ページ」を自分で作る
・リセールライトは「商品」と「販売用ページ」をもらえる


自分で「商品」と「販売用ページ」を作らなくていいので、
当然、リセールライトの方が早く稼げます。


購入と同時に販売用ページをもらえるので、
セールス文を書いたり、デザインする手間もありません。

もちろん、販売用ページは編集することもできます。


確かに、理想としては自分で作ったオリジナル商品を
販売するのがベストです。


しかし、商品を作れずに情報販売をあきらめる人は、
非常にたくさんいるのです。

商品作りにつまずいてスタートすらできないのは、
何とも悲しく残念なことです。


厳しい言い方ですが、商品を売ったことがなければ、
何もしていないのと同じです。

それに、自分で商品を作ったからといって、
必ず良い商品ができるとは限りません。


自分で作ったクオリティの低い商品。
プロが作った再販権付きのクオリティの高い商品。

お客さんは、どちらが喜ぶのでしょうか?


自己満足のビジネスはやめましょう。

よっぽどお客様のニーズを満たしていない限り、
絶対に成功しません。


プロが作ったリセールライト商品を利用すれば、
自分では作れない、クオリティの高い商品が手に入ります。


自分で頑張って商品を作るより・・・

リセールライト商品を手に入れる方が合理的で、
魅力的ではありませんか?


ここで、さらにすごい商品が手に入ります!

⇒ http://www.im06.com/eam/lk/imre/23/A6m1/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年4月のブログ記事  >> 

トップへ

【ネット起業バイブル】インフォメイク・野村氏に学ぶ 2011年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる